タモリ流 山芋と蓮根の和風ハンバーグ☆



先日、テレビで紹介されていた美味しいと評判のレストランへハンバーグを食べに行ったところ、普通のハンバーグでガッカリしたんですよね。物凄く期待してたので、時間がたっても不満が残りました。美味しいハンバーグが食べたい!という己の欲求を満たすため、タモリさんのレシピなら間違いないだろう、ということで、作ってみました。

スポンサードリンク

材料


1人分

  • 合い挽き肉      200g
  • 山芋(すりおろし)  大さじ1
  • 蓮根(すりおろし)  大さじ1
  • 塩          少々
  • 醤油         小さじ1/2
  • うま味調味料     少々
  • ポン酢        大さじ2
  • 中濃ソース      大さじ2

今回、我が家は4人分を作ったので、上記の4倍の材料を用意しました。
うま味調味料は使っておらず、中濃ソースはケチャップととんかつソースを混ぜて代用してます。

料理スタート

皮を剝く

山芋と蓮根は、ピーラーを使って皮を剥いておく。山芋の皮は剥きすぎると滑って持ちづらくなるので、要注意。

すりおろす

タモリ ハンバーグ

おろし金で山芋・蓮根をすりおろす。皮を剝きすぎて滑る場合はキッチンペーパーを巻く。

具材を練り込む

タモリ ハンバーグ

合い挽き肉に塩・醤油・うま味調味料、おろした山芋と蓮根を入れ、一緒に練り込みタネを作る。

タモリ ハンバーグ

フライパンで焼く

タモリ ハンバーグ

弱火⇒最後中火で焼き色をつける感じで仕上げるのがよい。

タモリ ハンバーグ

ソースをかける

タモリ ハンバーグ

レシピにはなかったですが、ソースとポン酢は混ぜてから温めました。

タモリ ハンバーグ

ハンバーグが焼きあがったら、ソースとポン酢を混ぜ合わせた和洋折衷ソースをかければ完成。

出典

2002年4月30日放送の「笑っていいとも!」で岡本真夜がゲストのテレホンショッキングにて披露されたレシピ。ハンバーグの繋ぎに山芋と蓮根を使い、ふんわりとした食感に。ポン酢&中濃ソースをかけるのも特徴的。

まとめ

このハンバーグは、私はあまり美味しいとは思いませんでした。好き嫌い分かれると思いますが、肉が主張しすぎてたし、歯ごたえで楽しめなかったですね。すりおろした時に余った蓮根を小さく切って、ハンバーグの中に入れればよかった~、と後になって思いました。

タモリカレーで象徴されているように、タモリさんの料理は無駄な材料は省いていく、というスタンスです。ハンバーグにおいても、玉ねぎ、人参、パン粉といった一般的なハンバーグに使われている材料が使われていません。少ない材料で勝負なんです。なお、肉が主張しすぎているところは、ソースに使われているポン酢のさっぱり感で、ある程度抑えられてましたよ。このソースは気に入ったので今後も使っていきますね(*^▽^*)